公開履歴
顔にクリームを塗っている女性

シミができてしまうと気になってしまうものでしょう。見た目も老けた印象になりますし、なんとかして消したいという人もいるかもしれません。シミ対策と聞くと美白化粧品でのケアをイメージする人もいるでしょう。しかし、化粧品は肌の表面にあるシミにしか効果がありません。また、肌トラブルの原因になってしまうこともあります。

効率よくシミを改善したいという場合、シミを消せる治療薬を使ってみるのがおすすめです。飲み薬なら体の内側からメラニン色素の排出を促してくれますし、なかなか消えないシミに対してもしっかり働きかけてくれます。

シミの治療薬といってもさまざまな商品があります。既にできてしまったメラニン色素を分解するものや新たなメラニン色素の生成を防ぐものなどがあるため、期待する効果によって薬を選んでいきましょう。シミは肌の奥で作られるものです。そのため肌の内側から働きかける成分が配合されているかどうかがポイントです。

美白になりたいという場合、ビタミンCの配合された治療薬がおすすめです。ビタミンCはシミの原因となるメラニン色素の生成を抑制してくれますし、メラニン色素の排出を促進してくれる効果があります。また、コラーゲンの材料にもなるため、美白に欠かせない成分と言えます。ちなみに、ビタミンCは水溶性の成分であり、過剰摂取しても体外に排出されてしまいます。そのため1日の摂取量を守り、毎日継続して摂取することが大切です。

L-システインはアミノ酸の一種であり、肌のターンオーバーを整えることでメラニン色素の排出をサポートしてくれる成分です。また、ビタミンCと一緒に摂取することにより、メラニン色素を無色化する効果がさらにアップします。ほとんどのシミの治療薬にビタミンCとL-システインは使われていますが、確実な効果を期待するなら成分をしっかり確認しておきましょう。

ビタミンB2は健康な皮膚や爪、髪の毛を作る上で欠かせないビタミンです。肌のターンオーバーを正常化し、炎症によるダメージを回復する効果があるため、ニキビや湿疹による色素沈着の解消に効果が期待できます。

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、メラニン色素を作り出す原因となる活性酸素の働きを抑制してくれます。そのためシミを予防するだけでなく、血行促進やアンチエイジング効果なども期待できます。

シミの治療薬は化粧品やサプリメントではなく医薬品です。そのためある程度の費用がかかってくるでしょう。また、使い始めてすぐにシミが消えるというわけではありません。効果が出るまでには個人差もありますが、最低でも2~3ヶ月はかかると言われています。綺麗な肌を維持するためには飲み続ける必要もありますし、コストパフォーマンスの良さで商品を選ぶことも大切です。

ちなみに、同じ薬でも販売しているお店によって値段は変わってきます。実店舗で比較するのも良いですし、通販サイトで比較してみても良いでしょう。また、薬の名前が違っても使われている成分などはほとんど変わらないということもあります。成分表示をよく見て購入することで損をしなくなります。

高い薬を購入しても続けられなかったら意味がありません。そのため経済的に負担にならない程度の薬を購入し、長く使い続けるようにしましょう。もちろん安すぎるものだと配合されている成分が少ないこともありますし、効果や安全性に不安があるかもしれません。

シミの治療は毎日続けるものであり、飲みやすい薬を選ぶことも大切です。どのような薬が飲みやすいかは個人差もありますが、薬の形や飲む回数、味、臭い、大きさなどをチェックし、飲みやすいものを選んでいきましょう。