肌荒れはターンオーバーの乱れが原因!

2019年12月19日
肌を気にする女性

肌荒れが起こってしまうと憂鬱な気分になってしまう人も多いでしょう。人によってはニキビができたり、痒みや赤み、乾燥などの症状が出てしまうこともあります。一つだけでなく複数の症状が出ることもあるため、治すまでに時間がかかってしまうということです。肌の乾燥を防ぐ為に大切なことは保湿です。よく使われているのはヒルドイドと呼ばれるもので、ヘパリン類似物質が保湿や血行促進を促してくれます。通販サイトからも簡単に購入することができるので、ヒルドイドを通販して肌荒れ改善を始めましょう。

なぜこのような肌荒れが起きてしまうのかということですが、大きな原因はターンオーバーの乱れだと言われています。ターンオーバーとは、肌の表皮の新陳代謝や表皮細胞が生まれ変わる周期のことです。肌というのはずっと変わらないわけではなく、実は一定期間で生まれ変わっています。

肌の一番下にある基底層で新しい細胞ができた場合、その細胞は時間をかけて一番上の角質層まで押し上げられます。そして、垢として剥がれ落ちることがターンオーバーの流れです。ちなみに、正常な周期は28日間ですが、ちょっとしたことが原因で乱れてしまいます。

肌荒れに関わっているターンオーバーが乱れてしまう原因をチェックしておきましょう。ターンオーバーが乱れる原因はいろいろありますが特に生活習慣に大きく関わっていることが解ってきています。乱れた食生活や睡眠不足、無理なダイエット、ストレスなどが主な原因として挙げられます。これらの原因によって肌のターンオーバーが乱れた場合、肌を守るバリア機能が低下することで肌荒れに繋がります。

また、紫外線や乾燥といった外部からのダメージもターンオーバーを早める要因となります。肌に必要な角質層まで剥がしてしまうため、健康な状態の肌と比べて肌の生まれ変わりが早まってしまうということです。便秘によって腸内環境が悪化した場合、さまざまな有害物質が血液に溶け出します。肌はその有害物質を毛穴から体外に排出するのに忙しく、本来の役割であるターンオーバー機能が低下してしまいます。つまり便秘もターンオーバーが低下する原因の一つです。

ターンオーバーを整えたいという場合、普段の生活習慣を見直すことがポイントです。まずは質の良い睡眠をたっぷり取るようにしましょう。睡眠不足だと成長ホルモンがきちんと分泌されなくなりますし、血行不良になることで乱れやすくなります。仕事などで忙しいという人もいるかもしれませんが、毎日6時間以上の睡眠時間を確保することが大切です。寝付きが悪い人はカフェインの摂取を控えたり、寝る前にスマートフォンの操作を控えるようにしましょう。

ターンオーバーを正常化させたいという場合、紫外線対策も重要です。紫外線は季節や時間帯に関係なく常に降り注いでいます。紫外線を浴びると肌は大きなダメージを受けてしまいますし、乱れに繋がってしまうということです。そのため日焼け止めや帽子、日傘などで疾患紫外線対策をしましょう。

ターンオーバーを整えるためには、食生活の見直しも重要なポイントとなります。栄養バランスが悪いと乱れてしまうため、肌荒れが起こりやすくなるでしょう。そこで肌を作る元になるタンパク質を積極的に摂り入れることが大切です。タンパク質は肉や魚、卵などに含まれているのでしっかり摂取しましょう。