いちご鼻対策は蒸しタオルと毎日の洗顔です!

2020年04月22日

いちご鼻が気になっており、何とかして対策したいと考えている人もいるかもしれません。これは鼻の毛穴に黒い角栓が詰まり、目立ってしまった状態のことを指します。メイクで隠そうとしても毛穴にメイクが詰まってしまいますし、さらに目立ってしまうこともあるでしょう。いちご鼻が悪化してしまうこともあるため、根本から改善していくことが大切です。

気になるいちご鼻を改善したいという場合、蒸しタオルを使う方法があります。もともといちご鼻になる原因としては、皮脂の過剰分泌が挙げられます。皮脂が過剰に分泌される原因はいろいろありますが、脂っこいものの食べすぎや汗をたくさんかいたことなどが考えられます。それによって鼻の毛穴にたくさん皮脂が分泌されるようになるため、汚れが詰まってしまうということです。

いちご鼻を改善するためには、原因になっている角栓に詰まった汚れを取り除く必要があります。角栓の汚れを取り除く方法はさまざまありますが、無理に毛穴を開いて汚れを取り出そうとする方法は良くありません。肌への負担が大きくなるので注意が必要です。

蒸しタオルを使った方法なら肌への負担が少なくて済みますし、優しく毛穴を開いて角栓を取り除くことができるため、肌トラブルの心配などもありません。これは蒸したタオルを鼻に当てるという方法です。顔が温まることで血流が促進されますし、代謝がアップすることで角栓などの老廃物が体外に排出されやすくなります。

さらに、蒸しタオルの蒸気によって毛穴が温められることにより、毛穴が開いて溜まった汚れが落ちやすくなることもポイントです。毛穴の汚れが落ちることで化粧水や美容液なども浸透しやすくなりますし、いちご鼻を改善して綺麗な肌を取り戻すことができるでしょう。しかし、蒸しタオルを当てただけでは汚れを劣ることができません。あくまで毛穴を開くための方法であり、その後は洗顔をして汚れを落とすことが大切です。

いちご鼻を改善したいという場合、洗顔料はよく泡立ててから使うことがポイントです。そうすることで泡が毛穴の奥にしっかり届きますし、汚れを綺麗に落としてくれます。顔を洗う時は皮脂腺の多い場所から順番に洗っていきましょう。Tゾーンなど皮脂腺の多い部分から洗っていくことにより、肌への負担を軽減することに繋がります。口元や目元などの部位も優しく洗い、顔全体を洗った後はぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。

洗顔の時には力を入れすぎないことが大切です。黒ずみを取ろうとして力を入れて洗った場合、肌にとって必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。そうすることで毛穴の周りの角層が乱れやすくなりますし、バリア機能が低下することで乾燥の原因になるということです。

無理矢理、指で開いて角栓を押し出そうとするのは良くありません。肌を傷める原因となりますし、余計に毛穴が開きやすくなるので注意しましょう。毛穴が開くとさらに皮脂が詰まりやすくなってしまうため、優しくケアすることが大切です。